デリヘル嬢とスタイリストの微妙な関係

デリヘルで働いている女の子と美容師には実は意外な関係があることを知っていますか

*

デリヘルへ転職するときのヘアスタイル

      2016/09/09

美容師の給料と拘束時間に耐え切れずデリヘルに転職してしまったなんて珍しい話ではなくなってきた昨今。しかしずっとデリヘルの仕事を続けるわけにもいかないですよね。昼職も探して決まるまでの間は、、、なんて考えてこの業界へと羽ばたいていく子も少なくありません。
美容師もしくはアシスタント時代のころとあからさまに違う世界。お給料だって拘束される時間だってびっくりするほど180度違うと言っても過言ではありません。
そんな全く違う世界だからこそ気をつけたいのがヘアスタイルなんです。
意外とこれが人気に左右してくるのです。
ハードなプレイをする店などは別として、まずその店とデリヘル嬢でいる自分のキャラクターをしっかりと見極める必要があります。その上で奇抜なスタイルはお客さんからのウケが非常に悪いのです。
普通のデリヘル店であればお客さんが求める女性像というのは『綺麗』だったり『かわいい』を求めていることがほとんど。それなのに刈り上げやブリーチした上に派手目なカラーリングやきついパーマ、ドレットやブレイズ、コーンロウなんてなかなか受け入れてもらえないものです。ショートよりもロングスタイルの方がより女性らしくSEXYなイメージを与えるものです。
例えばギャル系の店やハードなSMの店であればアリかもしれませんが、普通のデリヘル店ではやはり個性的な髪型は『奇抜』だと違う意味で一目置かれてしまうことに。
せっかく稼ごうと意を決して入店してもお給料は期待できなくなってしまうかもしれません。ここは『人気のデリヘル嬢』というスタイルを研究して自分に似合う綺麗目なスタイルを確立させるのが近道です。
美容師という点を活かして人気の出るスタイルを作ってしまいましょう。

 - 美容師とデリヘル嬢

  関連記事

元スタイリストがデリヘル嬢になってよかったこと
元スタイリストがデリヘル嬢になってよかったこと

これは元美容師のスタイリスト(実際にお店に立ってお客さんの髪を切れる)になりたて …