デリヘル嬢とスタイリストの微妙な関係

デリヘルで働いている女の子と美容師には実は意外な関係があることを知っていますか

*

一度は憧れる美容師という職業の裏側

hair-stylist

国内の美容店の数は実はコンビニよりも多いってしっていますか?
現在、全国の美容室は23万件を超えてコンビニエンスストアよりも多いのです。○ブンアイアンドホールディングスが巷で続々と出店してはいるものの、全国規模でのコンビニエンスストアは全部合わせても55,000件を下回るほどにしかなりません。
ということは、これだけの店舗数をほこる美容店。必然的に美容師の数も多くなりますね。では美容師として働いている子たちがコンビニ店員よりも稼げているかというと・・・
答えはNOです。
平成24年の美容師さんの平均年収は、273万円w
美容師で成功を収めて、メディアでも取り上げられるような世界に行けるのは本当に一握りの人間だけです。そして意外とスパンの長い体力仕事でもあるので、どうしても男性の方が有利だったりもします。
地域やお店によって違いはあるものの、月でいうと22万円ほどです。ボーナス?もちろんそんなものはありません♪
しかもこの年収は、無事スタイリストになれた人だけ。お店ごとに規定があるので絶対とはいいきれませんが、お店に勤めた場合、お客様の髪が切れるようになるまでアシスタントという見習いとしてスタートします。
もちろん当たり前のように、アシスタントさんたちはスタイリストよりもさらに低いお給料なわけです。そんな低いお給料なうえに、練習だ講習だと様々な費用と材料費がどんどんとひかれていくわけです。さらに言いますと、お店の営業以外でも自分の練習や講習に励む毎日。朝は誰よりも早く出勤して、お店の掃除や準備。営業後の残業なんて当たり前のようにあります。時給換算したら、そこらのコンビニや飲食店でバイトしたほうがよほどマシ。
それでもお洒落で華やかな世界に憧れだったり、好きなお仕事であったり、目指すところがあるという子達は生き生きと働いているのです。
それでもやっぱりお給料が低いと親元を離れて一人暮らしをしながら仕送りなしで生きていけるかというと、実際生活もままならないような状況に陥ってしまう子がいるのも現状です。
そこで女の子が目をつけるのがデリヘルという副業なのです。
美容師とコンビニのアルバイトを両立させることは難しいですが、デリヘルとのダブルワークであれば短時間でもデリヘルで働くことができれば収入は増えます。自分の時間もたくさん削る必要もありません。
そんなわけで、デリヘルの中でもちょっとオシャレだなという子は美容師見習いさんだったりすることもあるわけです。
美容師としての志をもっているので、接客にしてもかなりプロ意識が高いので当たったお客さんはかなりラッキーかもしれません☆
ただし、もしかしたら美容師かもと感じても決して『昼間はどんな職業してるの?』なんて聞くのはタブーですよw
良いデリヘル嬢と出会うならデリヘル情報 デリノートが情報満載ですね。

公開日:
最終更新日:2016/03/02